NLP研究所

Tel:03-6696-2850

メルマガ登録

お問い合わせ

English

子育て力をアップするNLP

子どものやる気がみるみる高まる!!

やる気を引出すような言葉がけができていますか?
あなたの子育て力をアップしていくヒントをつかみましょう!

  • つい、怒鳴ってしまった。思わず、手が出てしまった。
  • 子どもを愛しているのに、どうしてもイライラしてしまう。
  • なぜうちの子は○○できないのだろう。
  • 私のやり方が間違っているのか。
  • 子どもの将来を考えるとたまらなく不安になる。

子育てに自信がなくなった時にこそ・・・
NLPのスキルがあなたの最強の味方になってくれることでしょう。
ほんの少し見方や立ち位置を変えるだけで、生き生きとした子育てができるとしたらとても素晴らしいことだとは思いませんか?

NLPは子育てにどのように活かされているのでしょうか?

NLP研究所では
コミュニケーションとは、相手のやる気を引き出すこと」と考えています。

あなたは子どもと接する時、そのような意識をもって接していますか?
言葉がけを変えるだけで、子どものやる気は無限大に引き出すことができます。
そしてその可能性はどんどん広がっていきます。
NLPには、すぐにでも子育てに活かせるスキルが満載です。

■ 例えば・・・「バックトラッキング」

→ 子どもがテストで90点をとり、嬉しそうに報告してきました。あなたはどう答えますか?

「どこを間違えたの?」
「あなたが90点なら簡単なテストだったんじゃないの?」
「そう、ところで夕飯は何にする?」
等、すぐに自分の意見を言ってしまい、子どもの話の腰を折るようなことをしていませんか?

親子の信頼関係を築く上で、子どもの話を最後まで聴くことはとても重要です。そして子どもの言葉を伝え返すことにより、子どもの話はどんどん広がっていきます。この伝えかえしのスキルが「バックトラッキング」です。

■ 例えば・・・「肯定的意図」

→ 朝の忙しい時に、子どもが「お腹痛い」といったら、あなたはどんな考えが頭をよぎりますか?

「本当に体の具合が悪いのかしら?」「もう時間がないのに。」「困ったわ。」等、様々な思いが頭をよぎるでしょう。はたして子どもはあなたを困らせるために言っているのでしょうか?全ての行動の裏側には、本人も気づいていない「肯定的意図」が働いています。NLPのスキルを使って解釈することができれば、この発言をきっかけに、子どもの不安な気持ちに気づき、寄り添うことができます。これが「肯定的意図」です。

■ 例えば・・・「リフレーム」

→ 子どもの悪い面ばかり目につき、叱ってばかり・・・そんなことはありませんか?

NLPのスキル「リフレーム」によって物事の見方を変えてみましょう。やるべきことを先延ばしにしてばかり・・と思っていた子どもの事を「慎重に物事を進める子」であると思えたり、意志が弱く友達に流されやすいと思っていた性格も「協調性がある」と受け止めることができるようになります。考え方次第でどんな事もプラスの意味に変換できることができる、それが「リフレーム」です。

NLP研究所が12年以上にわたり開講している「お母さんのためのNLP講座」では、子どもの意欲を引出すコミュニケーションのとり方や、人それぞれが持っている代表システムに応じた対応の仕方、そして子どもを未来の目的・目標に導く手法など様々なスキルを学ぶことができます。

子育ての不安や悩みなど、ぜひお気軽にお聞かせください。

「子供のやる気を引き出すコミュニケーション講座」受講者の声

Nさん/40代(子ども3人)

子どものできない部分だけを見て怒ったりイライラしてしまう自分に気づき、同時に自分自身を責めている事にも気づきました。子どもだけでなく自分に対しても、できている部分に目を向けて行こうと思いました。

Uさん/40代(子ども1人)

いつも子ども中心に考え、自分を成長させることは後回しにしてきました。しかし講座を受けたことで子どもだけでなく自分自身を充実させる時間もとても大切で、そうすることで子育てもおおらかな気持ちで楽しんでやっていけると気づきました。

Yさん/40代(子ども2人)

私自身が子どもが自分で出来ることを勝手に出来ないと思いこみ、出来なくさせていると気づきました。

Sさん/30代(子ども1人)

私は自立の意味を取り違えていました。自分一人で乗り切ることが自立だと思っていましたが、相手を信頼して委ね、感謝を伝え合える関係を築くことも自立であると気付くと、物事の見方がガラリと変わりました。

Mさん/30代(子ども1人)

家族のルールを「互いの目を見て話す」ことに決め、実行してみることで、お互いの心の距離が縮まり、そして心に暖かいものを感じながら話すことが出来るようになりました。

Sさん/30代(子ども1人)

“正しい/間違いはない”これは「人に良く思われたい」と相手の意見に合わせてしまう私にとって心が揺さぶられる一言でした。相手の意見を受け止める事と、自分の意見を抑える事は全く違うと言う事に気づきました。

Hさん/50代(子ども2人)

代表システムを学ぶことにより相手と話をするのがとても楽になりました。今まで私の話が飛ぶ理由がわからなかったのですが、視覚だけの世界で過ごしていた私にも聴覚、体感覚を使うことができると気づき、人との会話の世界が広がりました。

Uさん/30代(子ども1人)

自分の本質を表現できる場所を発見できてとても嬉しいです。

Sさん/40代(子ども2人)

私はいつもどうしたら自分の思いを伝えられるか、またどうやったら、子どもの気持ちを受け止めることができるかと、悩んでいました。私は、NLPを学ぶことによってまず自分を認め、そして子どもを尊重する事によって自分の行動が変化し、子どもの意欲を引き出すことができました。

子育て力をアップするNLPセミナー

NLP子育て COACH™(コーチ)

NLP (神経言語プログラミン)のスキル応用と 、発達心理学ペアレント・ーニグなど、子育て力を向上させるスキル多角的に取り入れた、

多角的に取り入れた、 NLP子育て COACH™(コーチ) を育成するプログラムです。

詳しいご案内はこちら


子育てイライラ解消相談室

まずは、子育てイライラ解消相談室で!
この講座ならではのスキルを体験したり、すでに受講された方から多くの体験談を聞くこともできます。ぜひお友達やご家族の方などお誘いあわせのうえ、お越しくださいませ。

詳しいご案内はこちら


子供のやる気を引き出すコミュニケーション講座

子どもとのコミュニケーションの取り方、より良い関係の気づき方を学びます。

詳しいご案内はこちら


Pocket

  • メルマガの登録はこちら
  • NLP受講生の活躍する現場