堀口メソッド ビジネスのあらゆるシーンで、エグゼグティブ人のために生まれた『コミュニケーションのスペシャリスト育成口座』

エグゼクティブ・コーチング「堀口メソッド」は、
ビジネスのあらゆるシーンで、エグゼクティブと対応する人のために生まれた
『コミュニケーションのスペシャリスト育成講座』。

「堀口メソッド」をマスターすれば、プレゼンテーションや、ビジネス交渉、プロジェクトマネジメント、ファシリテートだけに留まらず
配下メンバーの指導育成まで、様々なビジネスシーンに応用可能
自らがプロのコーチとなり、生計を立てている受講生も多数、輩出しています。

コミュニケーション学習を基本テーマとするNLP研究所の各種サービスの中でも
「堀口メソッド」は、最上位に位置づけられる究極の“コミュニケーション修得講座”です。

堀口メソッドの体験・エグゼクティブ コーチング資格取得コース

  • まずは堀口メソッドを見てみたい
    という方のための『グループ型 体験講座』

    エグゼクティブ・コーチングオープンセッション

    堀口メソッド(トライアル版) エグゼクティブ・コーチング
    オープンセッション

  • まずは堀口メソッドのコーチングを受けてみたい
    という方のための『個別型 体験講座』

    エグゼクティブ・コーチングサンプルセッション

    堀口メソッド(トライアル版) エグゼクティブ・コーチング
    サンプルセッション

  • 堀口メソッドを本格的にマスターしたい
    という方のための『堀口メソッド本講座』

    エグゼクティブ・コーチングコース(8日間)

    堀口メソッド エグゼクティブ・コーチング
    コース(8日間)

堀口

堀口メソッドでは、企業幹部の方向けにコーチングの個人セッションを行っています。
部下を育成するための効果的なコミュニケーション手法のトレーニング及び、エグゼクティブとして常に最高のパフォーマンスを発揮できるための自己管理に役立つ様々な手法のトレーニングを行っていきます。

一般的なコーチングでうまくいかなくなる例としては、目標と行動計画を巡り返し、「頭では分かっているけど行動に移せない」という問題がよく出てきます。これに対し、堀口メソッドのコーチングが効果的な成果を出している特徴として、ダメ出しを一切せず、自分がなぜ行動をせずに立ち止まってしまっているのか、 無意識のレベルで何が起こっているのかを明確にしていきます。
また、自分が全く気づいていなかったリソース(才能、長所、スキル)を発見し、 その方のユニークさを活かしたマネジメントスタイルをご提案しています。

NLPの言語学を用いた『LABプロファイル』を通して、自分自身が使っている言葉と思考を読み取っていくため、その方に合ったご提案ができていることが、とても効果的に結果が出ている理由のひとつです。
コーチングセッション終了後、マネジメントスタイル・柔軟性・人の話の聴き方に変化が起きます。
その結果、より広い視野で物事を見ることができ、より肯定的な影響力のある新しいリーダーシップスタイルを確立していきます。

SKILLS

コミュニケーションのスペシャリストに求められる4つのスキル

~人との折衝成果を大きく左右するコミュニケーションにおいて、スペシャリストとなるために必要なこととは?~

エグゼクティブの方々をコーチングする際に最も大切なのは、クライアント(コミュニケーションの相手)の方に
「このコーチの言う事には耳を傾けよう」と思っていただくことです。
そのためにも、様々な業種の管理職の方々から必要な尊敬を得るために、コーチは「コミュニケーションのスペシャリスト」になる必要があります。

「堀口メソッド」エグゼクティブ・コーチングコースでは、コミュニケーションのスペシャリストが、
どのようなスキルを持ち、何をしているのかをしっかりと学んでいただき、上級のエグゼクティブ・コーチを育成します。

01ヒアリング力

ヒアリング力とは質問力の高さです。
クライアントはエグゼクティブの方々です。野暮(やぼ)な質問をすると相手に馬鹿にされたり、軽蔑されてしまうことにもなりかねません。
本質を突いた質問ができるようになることがヒアリング力向上の基本です。この力がつくことで、クライアントが使っている言葉の深層部に存在するビリーフ(信念)、価値観、大切にしていることなどを聞き取り、クライアント本人が気づいていない、メンタルブロックや、心理的なストッパー、諦めるトリガー(きっかけ)に気づかせることができます。使っている言語のパターンを聞き取るノウハウを身につけることで、クライアントの言語プロファイリングができ、その方の行動パターンや効果的な言葉の使い方の助言が可能となります。
ヒアリング力の高さは通常の日常生活では体験できない「耳を傾けてもらう満足感」を生み出し、深い部分で変革を起こすことを可能にします。クライアントに深い気づきを起こすため、大切なのが高いクオリティーの質問ができることです。

02行動予測力

相手の話を聞いて、「その人が将来どのように行動していくのか?このままいったらどうなるのか?」の未来予測をするスキルがコーチには必要となります。
なぜなら予知できないとその人が同じパターンを繰り返し、望ましい結果を作れない悪循環に陥ってしまうからです。予知能力は何も超能力、占い的なスキルを使うわけではありません。今までクライアントが成し遂げてきたこと、習慣化していること、未来に対してどういう見方をしているか、そしてリスク管理/認知がどれだけできているのか、で予測は可能になります。映像としてビジュアルで未来をとらえ、聴覚で理論的に現状を把握し、体感的(感覚的)に察知する能力が行動予知能力です。この能力の開発はコーチが五感をフルに使ってコミュニケーションをとることから始まります。五感のアンテナを鋭敏にすることで人間が本来持つサバイバル能力が開発されます。これにより、事故、病気、怪我、起こり得るリスクなどが想定でき、それらを防ぐための準備や段取りが可能になります。準備が出来ていると新しいものが生まれ、入ってくるのが自然の道理です。

03潜在能力発掘力

クライアントの潜在能力を見出し、力づけて、行動計画に落とし込み、目的を達成するまでフォローしながら見守る…
このようなサポートをコーチから受けることをクライアントは望んでいます。潜在能力を発掘すると言う事はクライアント自身が気づいていないリソース(才能、長所、資質、強み)を見出し、伝え、クライアントがリソースを活用するための力づけをすることです。このスキルでクライアントのパフォーマンスを最大限に引き出せるようになります。クライアントのヒストリー(生まれてから今日までの道のり)をインタビューし、その中で出てきた能力を適切な言葉で伝えてあげることが重要です。ヒストリーのインタビューは客観と主観両方の観点から聞き出します。客観的事実と主観的な意味づけや、感じたことを伝えるため、巷にある通常のコーチングでは行わない堀口メソッド独自のここでしか体験できない特別な時間となります。クライアントは豊かな体験と感覚を得ることができ、新しい第一歩を踏み出します。新しい能力の認識を持つようになると人は新しい行動を取り、新しいことを生み出すようになります。

04アドバイザー力

「コーチはアドバイスしない。」と言われていますが、実はクライアントはコーチからのアドバイスを求めています。
スキルレベルの高いエグゼクティブコーチは説教や命令口調ではなく、実にエレガントにアドバイスをします。そのアドバイスはクライアントが新しい行動や考え方、習慣を取り入れるようになることが目的です。アドバイスを効果的に行うということは、クライアントが「なるほど、やってみようかな?」「この人が言うのだからやる価値があるだろう。」と納得することです。説得性のあるアドバイスとは1)語彙力の高さ2)相手のコミュニケーションスタイルにカスタマイズした伝え方3)クライアントにとって新しくてモチベーションが上がる事柄です。エグゼクティブコーチに必要不可欠なこの能力は独自のメソッドで身につけて行きます。
例)
野暮な伝え方→部下の田中さんの面倒をもっと見てあげてください。 エレガントな伝え方→3か月後に部下の田中さんに対して「この人は手塩にかけて育てました。」と言い切れるように関わってみてください。

CURRICULUM

「堀口メソッド」の3つの構成からなる独自カリキュラム

国内外の上場企業の重役から新入社員まで、幅広い役職の方から尊敬を得ること。そこからコーチングのすべてが始まります。
堀口メソッドはコーチングを通じて、受講生を勝利に導くことを究極の目的としています。
クライアント(コミュニケーションの相手)の良きパートナーとしてのコーチの在り方、メンタリティを大切にしながらいかにクライアントを勝たせるか、リピートオーダーまたはご紹介を頂くか、の実践とNLPのスキルを駆使したコーチング手法です。

その最大の特徴は、言語学を応用した実践心理学「LABプロファイル」のエキスパートである堀口 紫が、数々のエグゼクティブ・コーチングを実践して得た『本当に使えるコーチ術』 にあります。
NLPコーチングのノウハウはもちろん、受講生の性格・特徴に応じた最適な伝え方をレクチャーします。
さらに、自分をどう売っていくか、という『セルフ・マーケティング術』も身につけていただき、1人1人がエグゼクティブ・コーチとして
通用するレベルまで、徹底的にフォロー。
少人数制であなたらしいコーチングを引き出す、きめ細かい指導を行います。

「堀口メソッド」は、他のコーチングセミナーに
見受けられる“概念の学習”ではなく、
様々な事例も通じて、より実践型のコーチングが
学べるため、明確な成果や結果をお約束します!

相手への質問手法を学ぶ

コミュニケーションを通じて、相手が答える能力や判断力を引き出すためには語彙力が欠かせません。
堀口メソッドでは、相手への色々な聞き方、質問の仕方も学べます。

現場での事例を学ぶ

堀口メソッドの大きな特徴でもある豊富な事例をもとに、コミュニケーションにおける好事例や悪事例など、様々なケーススタディーが学べます。

テーマ課題をこなす

与えられたテーマごとに、40名へのエグゼクティブコーチングを実践。
単に「学ぶ」だけではなく、受講生自らが実践し、振り返ることにより、より実践的なコミュニケーションスキルが身につきます。

arrow

4つのスキルを身につける

  • ヒアリング力
  • 行動予測力
  • 潜在能力発掘力
  • アドバイザー力
arrow

堀口メソッドマスター。

すなわち「コミュニケーションのスペシャリスト」へ!

堀口メソッドの体験・エグゼクティブ コーチング資格取得コース

  • まずは堀口メソッドを見てみたい
    という方のための『グループ型 体験講座』

    エグゼクティブ・コーチングオープンセッション

    堀口メソッド(トライアル版) エグゼクティブ・コーチング
    オープンセッション

  • まずは堀口メソッドのコーチングを受けてみたい
    という方のための『個別型 体験講座』

    エグゼクティブ・コーチングサンプルセッション

    堀口メソッド(トライアル版) エグゼクティブ・コーチング
    サンプルセッション

  • 堀口メソッドを本格的にマスターしたい
    という方のための『堀口メソッド本講座』

    エグゼクティブ・コーチングコース(8日間)

    堀口メソッド エグゼクティブ・コーチング
    コース(8日間)

BEFORE AND AFTER

堀口メソッドを受けた方のビフォー(受講前)
&アフター(受講後の成果)

金融業セールス(男性/50歳)の場合 [堀口メソッド]エグゼクティブ コーチングコース (8日間)受講

BEFORE

部下の営業成績を伸ばすことが最大の悩みでした。
自分が当たり前にやってきたことが通用せず、思うように行動してくれない状態でした。自分の成果も上げながら部下の教育をするというプレッシャーとともに疲弊していました。

AFTER

部下への接し方が画期的に変わりました。長年自己流でやっていたことをリセットし、新しい「かわいがり方」のスキルが身に付き、部下が成果を上げるようになりました。自分の営業スタイルも進化し、お客様が先方から「会いたい」と言ってくださるアイデンティティが確立できました。堀口メソッドでは「人からどうやってかわいがられるか?」という通常のコーチングクラスでは教えてもらうことのできない人間スキルを学び一生の宝物になりました。

経営コンサルタント(男性/45歳)の場合 [堀口メソッド]エグゼクティブ コーチングコース (8日間)受講

BEFORE

コンサルタントとしてクライアントの事業戦略立案やプロジェクトマネージメントのサポートをする中で、必ず壁に当たる場面が、クライアントの実行力とアイディアの欠如でした。そこで停滞してしまう結果となり、予定していた期日に間に合わない、クライアントからは責められてしまうような関係性に悩んでいました。また、想像以上に時間がかかってしまい、クライアントに請求したフィーと自分の労働対価が見合わない状況も起きてしまっていました。

AFTER

堀口メソッドは実践コミュニケーションを体系的に教えてもらえる場でした。今まで自分がやってきてこれで大丈夫なのか?という疑問に対して太鼓判を押してもらえる場面もあり、自信がつきました。大きな成果はクライアントが停滞モードになる予測もリスクの中に組み込むことが出来たので、自分としては予測通りのことがそのまま起きました。コミュニケーションスキルで新しく身につけたノウハウはたくさんある中、特に「レスポンス方法」のバリエーションが役に立ちました。クライアントに対して自分のリアクションの種類をたくさん持つスキルです。リアクションによりエネルギーが変わり、クライアントに必要な変化、進化、変革が短時間で起きるようになりました。コンサルティングフィーの見積もりも精度が上がったため、売り上げと時間給の増加につながりました。

研修講師(男性/47歳)の場合 [堀口メソッド]エグゼクティブ コーチングコース (8日間)受講

BEFORE

独立して研修講師をしているため、クライアントである企業さんとのリピートやご紹介がなかなか継続的に増えないのが悩みでした。
お客様からのアンケートを見ても、「可もなく不可もなく」と言ったフィードバックが多く、自分の差別化をはかり、講師としてもっと指名される力量を上げる必要を感じていました。収入の不安定さもストレスの要因になっていました。

AFTER

一番役に立ったのが、「あなたのユニークさ」というスキルで、自分の中に眠っている才能を発掘する作業です。自分が使う語彙力が増えたために、自分の強みの幅が広がり、コーチングの際、「先生すごいですね!」とクライアントに言われる頻度が高まりました。お客様の口コミで大幅にクライアントも増え、念願だった海外での講演も実現することができました。

コーチ(女性/35歳)の場合 [堀口メソッド]エグゼクティブ コーチングコース (8日間)受講

BEFORE

コーチングは他の団体で学んだものの、理論や概念的なものが多く、知識ばかり増えて自分のスキルが高まっているかどうかの確信がありませんでした。独立したばかりでクライアントを増やして行くノウハウも特に分からず、暗中模索状態でした。

AFTER

堀口メソッドはなんといっても実践的!膨大な知識をどう生かせばいいのかがクラスの中で体験的に学べたことで、自分のコーチング力が高まったことを確信できたのが一番の印象です。そして、自分をどのようにしてプロモーションするかのヒントが満載でした。堀口メソッド終了後は、自信をもって自分のコーチングフィーを1時間/5,000円だったところから、1時間/25,000円に改正し、着実にクライアントも増え、高いサービスが提供できている実感があります。

エグゼクティブコーチ(女性/39歳)の場合 [堀口メソッド]エグゼクティブ コーチングコース (8日間)受講

BEFORE

企業の管理職の方々のコーチングやファシリテーションをやっていて、一番知りたかったのは、他のコーチがどのようにコーチングをしているか?ということでした。
自分のスキルアップや、クライアントの幅も広げたいと思っていました。特に自分とは畑違いの業種や業界の方々のコーチングの際、怖気づいてしまう傾向がありました。

AFTER

堀口先生のコーチングは実に見ていて面白かった。クライアントの世界観をどんどん広げる質問や知識の豊富さ、反応のバリエーションの多さと、クライアントの状態が先生のエネルギーでどんどん変わるのが勉強になりました。自分がコーチとしてどのようになりたいのかのモデルとしても尊敬しています。これを機に、私自身もコーチの幅を広げ、講演活動や、ワークショップなど開きたいという新しい目標もできました。

小学校教諭(女性/53歳)の場合 [堀口メソッド]エグゼクティブ コーチングコース (8日間)受講

BEFORE

特別支援学級を担当しているため、子どもたちというより、保護者の方とのコミュニケーションが上手くいかないストレスを感じていました。
クレーム対応方法と自分のメンタルヘルスの向上をどうすれば良いのか?と迷いがありました。

AFTER

保護者の面談での説得力が大幅に増した結果、欲しかったリスペクト(尊敬)される存在になることが出来ました。
抱えていたストレスが大幅に改善され、対応能力が身に付きました。子どもに合った指導ができるようになり、工夫やクリエイティビティ―力が増えました。
先生として楽しく教え、穏やかな気持ちで保護者と対応できるのが嬉しいです。

次に「人生の変革」を手に入れるのは貴方です!!

堀口メソッドの体験・エグゼクティブ コーチング資格取得コース

  • まずは堀口メソッドを見てみたい
    という方のための『グループ型 体験講座』

    エグゼクティブ・コーチングオープンセッション

    堀口メソッド(トライアル版) エグゼクティブ・コーチング
    オープンセッション

  • まずは堀口メソッドのコーチングを受けてみたい
    という方のための『個別型 体験講座』

    エグゼクティブ・コーチングサンプルセッション

    堀口メソッド(トライアル版) エグゼクティブ・コーチング
    サンプルセッション

  • 堀口メソッドを本格的にマスターしたい
    という方のための『堀口メソッド本講座』

    エグゼクティブ・コーチングコース(8日間)

    堀口メソッド エグゼクティブ・コーチング
    コース(8日間)

COACH

エグゼクティブコーチ紹介

堀口
Yukari Horiguchi

堀口 紫

代表取締役社長 CEO

銀行で為替ディーラーの仕事に携わり、コンサルティング会社の勤務を経て米国シリコンバレーにてIT企業の合併業務に携わる。
1994年サンフランシスコに本社を置くGAP社にて日本進出の立ち上げプロジェクトに従事。
翌年カリフォルニアで、NLPプラクティショナーを取得。その後ゴディバジャパンにて、日本の店舗開発を担当。
マネジメントスタイルの変革、企業幹部を対象としたエグゼクティブ・コーチング、 日本語、英語でのセミナー・カウンセリング等を得意とする。

堀口 茜
Akane Horiguchi Shoun

堀口 茜

取締役副社長

金融業界及びファッション業界を経由し心理の業界に出会い、NLP Institute of Japan(NLP 研究所)を共同設立。
現在は米国カリフォルニア州に在住し、国際的なネットワークを使い常に最先端のクラス提供を心がけている。

宇田川 昌子
Akiko Udagawa

宇田川 昌子

教育研修部マネージャー

大手ホテル勤務後、英語教師指導者として講師育成や生徒の育成に携わる。 その後、NLPと出会いNLPの手法が大きな違いを創ることを実感し、トレーナー、カウンセラーとして企業研修やカウンセリングを行う。 教育の分野での講演、雑誌連載でも活躍の幅を広げている。

堀口メソッドの体験・エグゼクティブ コーチング資格取得コース

  • まずは堀口メソッドを見てみたい
    という方のための『グループ型 体験講座』

    エグゼクティブ・コーチングオープンセッション

    堀口メソッド(トライアル版) エグゼクティブ・コーチング
    オープンセッション

  • まずは堀口メソッドのコーチングを受けてみたい
    という方のための『個別型 体験講座』

    エグゼクティブ・コーチングサンプルセッション

    堀口メソッド(トライアル版) エグゼクティブ・コーチング
    サンプルセッション

  • 堀口メソッドを本格的にマスターしたい
    という方のための『堀口メソッド本講座』

    エグゼクティブ・コーチングコース(8日間)

    堀口メソッド エグゼクティブ・コーチング
    コース(8日間)

PAGE TOP
Copyright © NLP Institute of Japan. All Rights Reserved.