NLP研究所

Tel:03-6696-2850

メルマガ登録

お問い合わせ

English

潜在意識をひも解く ~ヒプノセラピーを用いたカウンセリング事例~|NLP研究所コラム

NLP研究所コラム

017
潜在意識をひも解く ~ヒプノセラピーを用いたカウンセリング事例~time_icon012016.10.13

あなたには苦手な人がいますか?どうしても好きになれない人は?

NLP研究所会長の堀井恵です。人は、好き嫌いや苦手意識をもって他の人とコミュニケーションをとっています。NLP(神経言語プログラミング)を含む、NLP研究所のコミュニケーション・サイコロジー®を学ぶクラスでは、コミュニケーションのタイプを超えて、人と関わりをもつことのできるコミュニケーションを教えています。
最近、コミュニケーションのなかでも「催眠心理学」に興味を持たれる方が増えています。NLP研究所のヒプノセラピー(催眠療法)のクラスでは、潜在意識(無意識)とつながるコミュニケーションを学んでいきます。人の潜在意識の中に存在するリソース、意欲、強さ、才能、能力に働きかけ開発するものです。催眠というと、相手を催眠状態にして意のままに動かすような術をイメージされる方がいるかもしれませんが、ここでいうヒプノセラピーとは多様な催眠心理学のテクニックで潜在意識(無意識)にアクセスして問題を解決したり、モチベーションを引き出す手法を意味します。この手法は、カウンセリングやコーチング、セラピーの場で堅く閉ざしたクライアントの扉を開くのに非常に有効です。そしてもちろんご自身の能力開発にも奏功します。

NLP研究所では、ヒプノセラピー体験ワークショップ
[資格取得]堀井恵の実践ヒプノセラピー認定コースも
開催しております。

セミナー情報はこちら

ヒプノセラピーでは大きく分けて2つの方法でリード(誘導)することができます。ここで、ヒプノセラピーを使った私のカウンセリング事例を紹介します。ぜひあなたのセッションの参考になさってください。

■問題の原因を探求し、その問題を解決する

事例1)
自分を否定的にとらえているクライアントです。何か事あるごとに「自分が悪い」と自分自身を責めてしまい、毎日会社に行くのが辛い、という状況です。カウンセリングで、彼が抱えている問題に関して質問し原因を探求していくと、幼い時期に弟が生まれてからずっと「お兄ちゃんのくせに」「お前が悪い」と母親に叱られて育った記憶が原因だと気づきました。そこで、ヒプノセラピーを使って、責める母親の声を励ましの声に変換。最近では「笑顔が増えたね」「良い仕事をするね」と上司に言われるようになったと報告がありました。

■問題が日常生活で何の妨げになっているかを探求し、どのような状態を望んでいるかを創り出してセラピーをする

事例2)
大きなトラウマを体験した大学生です。その後、彼は引きこもりを続け、他者との会話ができなくなり3年の月日が経過しました。長期間会話をしていなかった彼は、カウンセリングでの質問に対しても答えられない状況で、トラウマに関しても「何があったか記憶にない」とのことでした。そこで、ヒプノのリードをして、彼の顕在意識の記憶に問いかけることなく彼のなかのタイムライン(時間軸)を辿りました。そして、過去の肯定的体験を彼の力として蓄えさせ、その力をもって現在・未来を体験させることで、彼は行動をはじめるようになりました。カウンセリングの後、彼は復学し、健康的な生活をとりもどしたとの報告がありました。

NLP研究所では、ヒプノセラピー体験ワークショップ
[資格取得]堀井恵の実践ヒプノセラピー認定コースも
開催しております。

セミナー情報はこちら

NLP研究所では、コミュニケーション・サイコロジー®の上級コンテンツとして、実践ヒプノセラピーのコースを提供しています。催眠療法ヒプノセラピーをNLPやコミュニケーション・サイコロジー®の知識を交えて実践的なスキルとして学べるクラスは他にはありません。ヒプノセラピーの知識やスキルはあなたのセッションの質を格段に高め、クライアントの深い変容を引き出すことができます。

まずはあなたが、ご自身でヒプノの効果を体験するのも良いでしょう。NLP研究所のヒプノセラピー体験ワークショップは定期的に開催しておりますので、ぜひ、お気軽にご参加ください。

NLP(神経言語プログラミング)のことなら、
お気軽にNLP研究所へご相談ください。

NLPを活用したヒプノセラピー体験ワークショップなど、
各種体験ワークショップも定期的に開催しております。

  • 前の記事前の記事
  • 次の記事次の記事
  • 前の記事前の記事
  • 次の記事次の記事

最新記事

Pocket

Pocket

  • メルマガの登録はこちら
  • NLP受講生の活躍する現場