NLP研究所

Tel:03-6696-2850

メルマガ登録

お問い合わせ

English

不登校相談室[随時受付中]

不登校解決のために学びましょう!

  • 子どもが学校に行かなくなった
  • 子どもがひきこもりになった
  • 子どもが無表情、無気力になった
文部科学省データによると

文部科学省、初等中等教育局児童生徒課の調査によると
現在100人あたり約3人の生徒が不登校となっています。
1クラスに一人は「学校に来ない子」がいるという状況です。

これはお父さんお母さんが子供の頃の約3倍に増えています。

不登校になったきっかけとしては、
  • ● いじめを除く友人関係をめぐる問題
  • ● 親子関係をめぐる問題 
  • ● 家庭の生活環境の急激な変化
  • などが多く挙げられており
不登校の子には、
  • ● 無気力
  • ● 不安など情緒的混乱
  • ● 意図的な拒否
  • といった特徴が多く見受けられます。
学校側の対策としては、
  • ● スクールカウンセラー等が専門的に指導にあたった。 60%
  • ● 教師との触れ合いを多くするなど、教師との関係を改善した。45%
  • ● 保健室等特別の場所に登校させて指導にあたった。52%
  • ● 登校を促すため、電話をかけたり迎えに行くなどした。67%

と報告されています。

このページをご覧の方は、
上記の項目に思い当たる点がいくつかあるかもしれません。

学校側の働きかけも非常に大切ですが
全ての不登校事例の改善・解決に成果を発揮できるものではありません。

実際に、
「前年から不登校状態が継続している生徒」いわゆる
1年以上不登校の状態が続いている生徒の割合は、
中学2年では49.4%、中学3年になる63.3%と
学年を経るごとに増えていきます。

グラフ

これは、学年を経るごとに不登校状態から抜け出すことが
難しくなっていくことを意味しています。

不登校は放っておいてはいけないのです。

「私が僕が学校を休んでも、親はもう何も言わない。」
そんな状況をお子さんは本当に望んでいるでしょうか?

いつまで悩み続けますか?

子どもが学校に行く気になるまで見守る?
それって、いつまで?
学校に責任がある?友達のせい?
過保護に育てすぎたせい?
父親(母親、祖父母)に責められて辛い

不登校の問題はすでに
子ども本人、あるいは子どもと学校だけの問題ではありません。

NLP研究所が提供している「不登校相談室」では、
天才的なカウンセラーの技術をモデリングして開発された言語心理学メソッドNLP(神経言語プログラミング)の理論や手法を用いて、積極的にお子さん本人やお子さんをとりまく周囲の環境に働きかけを行います。

不登校を引き起こした原因は千差万別。
お子さんの状況もまた、一人一人違います。

NLP研究所で活躍しているコミュニケ―ターが「不登校相談室」のカウンセラーとして常駐。
これまでにも様々な人生相談を伺ってきたスペシャリストが対応いたしますので
どんな状況でも安心してご相談ください。

写真

※NLP研究所は年間を通してNLPなどのコミュニケーション・サイコロジー(心理学)の理論と実践スキルを教えるセミナーを展開し、創立以来のべ5,000名以上の卒業生を輩出している老舗コミュニケーション・スクールです。

お子さんの「不登校」、どのように解決しますか?

担任、スクールカウンセラー、支援センター
どこに相談するかは自由です。

渋るお子さんを無理やり引っ張って行って、話をさせて、学校に行くと約束をさせる。
あるいは、学校に行かなくても良い方法を探してあげる。
そのやり方で上手く行く人もいます。

NLP研究所が行う「不登校相談室」カウンセリングは、
「寄り添う」「共感する」「傾聴する」「子どもの自主性を重んじる」
というだけのカウンセリングではありません。

お子さんとご家族のこれからに焦点をあて、
学校に行けずに困っているお子さんご本人と、彼らを取り巻く環境について

「目的(どうなりたいのか)」と
「問題(何が原因なのか)」の二つの側面から、
不登校解決に向けてアプローチして行きます。

写真


まずは保護者の方に、お子さんの状況についてお話を伺います。
このカウンセリングを通して親子の関係性を見ていくことで
不登校解決の糸口が見えてきます。

「不登校相談室」で行うカウンセリングの手法に決まったものはありません。

お一人お一人のお話を聞き、
その方に合った、必要な方法で解決への糸口を探していきます。

時には、お母さんお父さん自身がお子さんの立場に入ってみたり、
ご自身も気づいていなかった心の声に出会うこともあります。

お母さん、お父さんの関わり方が変わることで
お子さんの気持ちや行動に確実に変化が現れます。

「子どもが学校に行くようになりました!」
それ以上のもっと大切な宝物に出会えるかもしれません。

NLP研究所「不登校相談室」にてお待ちしています。

(お子さんのカウンセリングをご希望の場合は別途ご相談ください。)


お申込み・お問い合わせ

(受付時間/平日 火〜金曜日 9:30〜17:30)

Pocket

  • メルマガの登録はこちら
  • NLP受講生の活躍する現場